トップページ > 業務の内容 > 設計部

業務の内容

設計部

 近年の社会インフラをとりまく環境は大規模自然災害による被害、社会インフラの老朽化、高齢化社会への対応が大きな課題となっています。当社は時代の変化に呼応し、社会の要請に応じたまちづくりを目指しています。

設計部の主な業務

 寿命を迎えつつある橋梁などのインフラに対し劣化や損傷がないか点検を行い、劣化原因に対し的確な診断と最適な補修・補強方法を提案します。

 安全性、機能性および耐久性の確保を前提に地域の環境、景観を最大限に取り入れた設計を行います。

 近年多発している集中豪雨に伴う土砂災害から人命を守るため安全性、経済性、周辺環境に配慮した施設設計を行います。

 自然災害に対し、迅速に現地踏査を行い、被災状況に応じた設計を行います。

 環境面、経済性、施工性、維持理面まで配慮した最適な設計を行います。

 21世紀における活力に満ちた農林業を応援する施設設計を行います。

 自然に優しく、災害に強い川づくりに取り組んでいます。

 総合的な土地利用、環境・景観などの人に関わる部分に重点をおき、地域に密着した都市づくりを提案します。

7